2DSoft・CAD・3DSoft・WebSoftの良く聞かれる事をまとめてみました。
各Soft のPlug-in・Data簡単な説明は別ページにあります。

2DSoft/PhotoSoft
2DではAdobe Illustrator・Adobe Photoshopが一番使われているので、Dataでやり取りすることを考えれば他のSoftはお薦めしません。
Adobe IllustratorAdobe PhotoshopはPlug-inも豊富です。
その一部を自分のメモ代わりに紹介ページを作りました。
Adobe Illustrator のベージェ曲線は扱いにくいと良く聞きますが、慣れと考え方で楽に扱えるようになります。それとPlug-inでLogoSpruceXtream Pathがお薦めです。
オブジェクトの変形加工にはFILTERiT・Vector Effectsがお薦めです。
地図次郎・固定整列・アンカーポイントの整列 も便利なPlug-inです。
初心者の方ように、ベージェ曲線によるトレース法を簡単に説明してます。こちらにどうぞ
CadSoft
CADSoftはMacintoshではVectorWorkが一番使われてますしCADの一番使われてるAutoCAD・JW_CADとも相性がよく図面を書くのには最適です。
3DSoft
3Dを作る場合CADSoftで下書きして3DSoftで仕上
3DSoftとCADSoftの 相性がいいものとそうでない物があります。
CADSoftでMacintoshではVectorWorkが操作性いいです。
Adobe Illustratorで下書きを作る場合
CADのPlug-inを入れれば汎用CADと変わりなくできます。
3DSoftに下書きのDataを持ち込むにはCAD-Data(DXF)に書き出してもいいし。
Adobe Illustrator-Data(EPSF)のままでもどちらもいいのですが、今の3DSoftだと○○○.aiのままで
十分ですが、出来ればver 5.5保存の方が問題ないと思います。
VectorWorkの3D-Dataは3D-Softにも寄りますが、ソリッドではなくなり、ポリゴンのみになり、円柱などがバラバラのポリゴン状態になったりするので、3Dにするのには3D-Softで作ることを薦めます。
3DSoft間のData
Strata 3DproのData(DXF)は他のSoftに持ち込むと円柱の高さの部分が三角ポリゴン状態なので容量的に重るし加工もしにくくなります。
3DSoftの使い勝手
Adobe IllustratorVectorWorkを普段使っているのであれば、Strata 3Dproが扱いやすいですがレンダリング速度は遅いし重いので他の3DSoftに比べると機能的には劣ります。
VectorWorkも10からはStrata 3Dpro書き出しのサポートを停止したみたいです。
ShadeはFreeのPlug-inも豊富で扱いやすいけどレンダリングとテクスチャーに難があります。
LightWaveはShade同様Plug-inも豊富ですがレンダーSoftとモデリングSoftが別れているのが難と言えば難です。
Windowsでは3DMAXがよさそうですがMac版ではOSX版しか出てないです。
私的にはCINEMA 4Dが一押しです。
WebSoft

Macromedia Dreamweaverで作る場合
全体のレイアウトを決めて背景・タイトル・ボタン等を作っていくのに連携を考えればMicromediaの製品で
作った方がスムーズに進むのでMacromedia FireworksMacromedia Flash等は最低必要かと思います。Macromedia Fireworksの代わりにAdobe Photoshopを使う
Adobe GoLiveで作る場合
Adobe LiveMotionAdobe Photoshopで作っていけばいいのですが、Adobe LiveMotionのHow to本があまりにも少なく、やっぱりMacromedia FireworksMacromedia Flashで作る方がいいのではと思います。そうなるとBuilderもMacromedia Dreamweaverの方が楽かもしれません。
Adobe GoLiveの場合初めの箇所に <meta name="generator" content="Adobe GoLive ※">が入るのを嫌う人も居ます。業界標準はMacromedia Dreamweaverみたいです。
Adobe LiveMotionFireworksFlashを合わせたようなSoftですがどちらの機能ももうひとつ物足りない感じです。
Macromedia FireworksStyleをこちらに掲載してますのでDownして頂けます。
ボタン・タイトル文字等にお使い下さい。
Adobe Photoshop のPlug-inのSuperBladeProPresetsも掲載してます。
PresetsもこちらからDownして頂けます。
FTPSoftTransmitFetchが多く使われていますが、以前は Fetchを使ってたのですが今はTransmitの方を使っています。見た目の感じの好みです。
GIFアニメ・バナー・動く壁紙タイトル を作るのはAdobe PhotoshopAdobe IllustratorMacromedia Fireworksで下書き・素材を作りFlashで組み立てています。

Flash で作ると背景が透明にならないのでGifBuilderで背景の白の部分を透明にしてます。
Upする前にA Smaller GIF で縮小してFTPサーバーにUpしてます。

 

チョットしたTips

Adobe Illustratorのチョットした説明です。

 

 

 

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO