album Perspective 2D Graphic 3D Download Web素材Download ご近所 Link


Data
3D・Font・ScreenSaver etc
Soft間のDataのやり取りなどい色々試した結果を備忘録として載せておきます。

ShadeからStrataのDataに変換

ShadeからVRML 2.0でStrataに渡す。
ShadeDataを一度保存して、エクスポート/VRML 2.0で保存。
この場合、色はそのままで移動します。

ShadeからDXFでStrataに渡す。
ShadeDataを一度保存して、エクスポート/DXFで保存・・・この場合メッシュがかなり多くなるので重くなります。

Adobe IllustratorDataをStrata3Dproに取り込む。

Adobe IllustratorのDataをStrataに渡す。
Strata 3Dpro 3.7 JまではAdobe Illustrator5.5保存のDataでしか読み込めなかったが、Strata 3Dpro 3.8 JになってからはAdobe Illustrator8JのDataも読み込めるようになった。

VectorWorkDataをStrata3Dproに取り込む。

VectorWorkのDataをStrataに渡す。
VectorWorkでStrataVision保存する。



Strata で取り込む場合下記のウインドゥが出るので
クラスをシェイプとして抽出とメッシュをシェイプとして抽出の
項目はチェックを入れない方がいいです。



 



album Perspective 2D Graphic 3D Download Web素材Download ご近所 Link

 

 

 

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO