Hot Door Perspective
HotDoorPerspectiveでは自在に扱えるグリッドをバックに3次元的な表現の図形描画をAdobe llustrator上で成功させました。作成できるのは等角投影(Isometric)・斜投影(Oblique)・透視投影(Perspective)の3種類です。それぞれには遠近法スケールや消点設定、視点からのオブジェクト方向の設定ができるようになっています。ベクターデータに基づいたドローイングをすることでAdobe Illustratorの2次元の世界に3次元的な表現の展開を可能にします。
またボタンを押すだけで展開させることもできますし、各面を個々のオブジェクトとして認識させることで彩色も簡単にできるようになっています。バックに表示させるグリッドの調整ももちろんできます。グリッドスナップ機能の適用もON/OFFの操作だけです。各描画ツールも直線ツールや楕円ツールなどの一般的なツールはもちろん、立方体ツールや円柱ツールと呼ばれる3次元的な表現を簡単にドローイングするツールが含まれています。
投影設定パレットでの各投影設定
等角投影(Isometric)
斜投影(Oblique)
透視投影(Perspective)
グリッドの調整もパレットから可能になっています。
Hot Door Perspectiveにはグリッドも含んだ10種類のツールがあります。その中には直線ツールや長方形ツール、楕円ツールなどがあります。また立方体ツールと円柱ツールも含まれています。
『展開』と呼ばれる機能を使用するとオブジェクトのフロント、サイド、トップまたはボトム面を展開図に変更させることができます。

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO